『コード・ブルー』『カメ止め!』『ボヘミアン』『ファンタビ 』! 2018年、みんながもっとも観に行った映画は?!!

2019年、始まりました。平成もあとわずか・・・。
2018年1月1日〜12月31日に公開された映画の中に、興行収入100億円を超えた作品がなかったです。しかし、30億円以上の作品がシーズン毎に話題になることが多く、賑やかな1年だったなと思います。
ここ数年は、特定の作品またはシリーズ、さらには配給会社の一人勝ちが目立っていたので、10億円以上の作品が各社・各ジャンルで誕生したことは、とても嬉しい。
では、18年に多くの人が映画館に足を運んだ作品ランキング10!!!
※2018年1月1日〜12月31日に公開された作品。公開日は札幌劇場公開日。興収は2019年1月6日時点のもの。ランキングの作品名をクリックすると、予告編が見れる!!
<日本映画の巻>
1位:92億円:『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』[0727公開]

2位:91億円:『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』[0413公開]

3位:53億円:『映画ドラえもん のび太の宝島』[0303公開]

4位:45億円:『万引き家族』[0608公開]

5位:36億円:『銀魂2 掟は破るためにこそある』[0817公開]

6位:33億円:『ドラゴンボール超 ブロリー』[1214公開]※上映中

7位:31億円:『カメラを止めるな!』[0803公開]※上映中

8位:30億円:『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』[0713公開]

9位:29億円:『検察側の罪人』[0824公開]

10位:28億円:『未来のミライ』[0720公開]

今年は映画界の大きなニュースが沢山ありました。

まず、フジテレビが製作した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。03年に、興収173.5億円/1260万人動員した『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』ぶりに記録を更新し、歴代実写邦画5位に。作品の中身が、安定の王道映画路線だったので、『信長協奏曲』(16)の45億は越すのは予想ついていましたが、まさか100億近くまでいくとは!

劇場版ドラえもん、コナンも、シリーズ歴代1位。オトナも観に行くファミリー映画として、世代間を跨ぐ人気作品になったことを圧倒的に証明。『ゼロの執行人』の4D版を10月に公開した際は、動員ランキング9位・興行ランキング3位を記録した。公開から半年経ち、限られた4Dシアターで上位に上り詰めるとは・・・恐るべし名探偵!! 『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』は(怪盗)キッド様が大活躍しそうなので楽しみである。1月12日放送のテレビシリーズでは、新一くんと蘭ねえちゃんの恋に進展がありましたが、ティザーポスターではキッド様が蘭の顎に指を添え・・・。コナンくんも、びっくり。

カンヌ国際映画祭のパルム・ドームを受賞した『万引き家族』。日本では名だたる映画賞を受賞しても、大ヒットに導くのが難しい環境。その中で、興収45億円とは作品の品質と共に評されるものになった。大衆やスポンサーに合わせ過ぎず、監督自身が描きたい物語を製作できる体制を維持、または整備できることを望みます。さらに言うと、地方のシネコンでも多様的な作品の上映枠が広くなると嬉しい。ちなみに上位2作の幹事はフジテレビ。

2018年もっとも世間を騒がせた映画は『カメラを止めるな!』。製作費300万円・都内ミニシアター2館からスタートしたインディーズ映画だとかは、もう有名な話。8月に超拡大公開になる前は、全国のミニシアター・単館で上映され話題になっていき瞬く間に話題に。普段足を運ばない層もたくさん観に来てくれて、全国の劇場は嬉しい悲鳴をあげていた。シアターキノは異例の朝7時台の回を追加し、1週間レイトショーだったのを1日6回上映に。ディノスシネマズ札幌劇場は翌週から始まり、現在も上映中。拡大当時、新宿の大手シネコンも公開したばかりのハリウッド大作よりも大きなスクリーンをあけ、日本映画史上類を見ない興行体制を布くなど前代未聞の事態になる。ミニシアターや単館を知ってもらえる絶好の機会を与えてくれた作品なので、リスペクトしなければならない作品の1つ!! ただ、懸念することがあります。「あの予算で、あの大ヒットを出せたから、キミも1000万円ぐらいあれば、●●億ぐらい稼げる面白い作品つくれるよね??」と、若者のアイディアを搾取するプロデューサー、または現場を酷使させてコンテンツを作らせようとするクライアント・・・、が現れる可能性があること。あとは、よくわからない人が、青田買いをしたのはいいが大して結果を出せず、ポイ捨てするオトナたちが出てこないか、ということ。こういうオトナたちの餌食に合わないように、クリエイターたち護る仕組みをつくらなきゃならないなと思う、ほんと。

6位の『ドラゴンボール超 ブロリー』はシリーズ最速で20億円を突破し、前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(15)の37.4億円を間も無く超えるので、最終興収50億円に届きそう! そうなると、年間興行収入ランキングは4位に。

他にも、故・樹木希林主演の『日日是好日』が11億円を記録。佐藤健が帰ってきて話題の『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が12億円突破し、もしかしたら平成ライダー映画の記録を更新する可能性あり。冬休み映画の強敵が多い中、北海道全面ロケの『こんな夜更けにバナナかよ! 愛しき実話』の動員ランキングが7位から4位と右方上がりに! 作品の評判もいいので、10億円越えも見えてきた。日本映画2018、まだまだどうなるかわからない!!

    
   
<外国映画の巻>
1位:84億円:『ボヘミアン・ラプソディ』[1109公開] ※上映中

2位:80億円:『ジュラシック・ワールド 炎の王国』[0713公開]

3位:61億円:『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』[1123公開] ※上映中

4位:52億円:『グレイテスト・ショーマン』[0216公開]

5位:49億円:『リメンバー・ミー』[0316公開]

6位:48億円:『インクレディブル・ファミリー』[0801公開]

7位:47億円:『ミッション:インポッシブル フォールアウト』[0803公開]

8位:37億円:『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』[0427公開]

9位:34億円:『ボス・ベイビー』[0321公開]

10位:26億円:『シュガー・ラッシュ:オンライン』[1221公開] ※上映中

1位は彗星の如く現れた『ボヘミアン・ラブソディ』。クチコミで広がり、100億円に届く可能性大。筆者もだが、IMAXなどをもう一度観にいくリピーターが多い。4位に『グレイテスト・ショーマン』がいるが、1位と共に20世紀フォックス配給作品である。16年末の『オリエント急行殺人事件』から年始『キングスマン ゴールデン・サークル』(17)と、15億円越えの作品が続いたため、コンスタンスに自社配給の予告編を流せたことも吉となり、18年配給作品は、結果的に多くの人に観てもらえたと思う。またフォックス傘下のフォックス・サーチライト・ピクチャーズ配給の『シェイプ・オブ・ウォーター』も興収9億円と惜しくも10億超えしなかったが、(ざっくり言うと)作風も「マイノリティと怪人映画」なので、こういう映画が評価と興収に繋がったことは喜ばしい。札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌、シアターキノと3館で公開されたから、市内でも観た人が増えたのではないだろうか。

3位のファンタビ2作目は、前作の73.4億円は超えるであろう。ただ、100億越えを目指していたが、80億円前後で落ち着くと思う。日本はハリポタシリーズの興行が強いが、シリーズ中盤では一度数字が落ちていたので、ファンタビ シリーズも最終章に近づくにつれ、数字は上がるであろう。

4位はミュージカル映画の『グレイテスト・ショーマン』、17年に大ヒットした『ラ・ラ・ランド』のスタッフチームが製作。登美丘高校ダンス部とコラボした映像も印象的。ところで、邦画の単館系、インディーズ系映画でもミュージカルシーン(突然歌い、踊り出す)が目立ってきている気がするのは気のせいか?

8位の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はアベンジャーズシリーズ最高興収だったし、筆者個人的にも最高の物語だったと思う。クライマックスシーンは「ヒーローがぁあ!」という気持ちで悲しかったし、可哀想だった。日本も舞台になった『アベンジャーズ/エンドゲーム』は19年4月26日公開。

10位の『シュガー・ラッシュ:オンライン』は前作が30億円で、安定の動員が見込めるので、40億円台には行くだろう。ディズニープリンセス集合シーンやスター・ウォーズのストームトルーパーに追われるシーンなど、ディズニーコンテンツのてんこ盛りのキラーショットがあるので、楽しみも倍増である。

18年の外国映画はハリウッド大作が多く、話題になった。しかし、今年は『ゴジラ キング・オブ・モンスター』『名探偵ピカチュウ』と輸出された日本コンテンツの映画。トランスフォーマーの前日章『バンブルビー』、ゴールデングローブ賞3部門受賞『グリーンブック』など、素晴らしい作品が目白押しなので、楽しみだ!!!

  

©︎2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

writer:anisuke

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です